2015年08月14日

仮面うつ病について

仮面うつ病というものは頭痛や立ちくらみ、肩こり、手足のしびれなどの身体症状が目立ち、うつ症状が表面に出てきません。結果として症状的に自律神経に障害があると思われることが多いです。
基本的には自律神経失調症かパニック障害かで施術方法の相違はありません。どちらの場合も脳における血流障害を緩和する為に後頭部から背中までの筋肉のこわばりをほぐしていきます。

情報のコントロールを行う脳幹および大脳の間の過程で、いきすぎた負荷が加えられたり、何か不都合が出たときに耳鳴りを発症する場合がある。
うつ状態の症状としては、何に対してもやる気が起きなかったり、意識が散漫になったり、関心や興味を持つことがなくなり、沈んだ感じから抜けられないことになるのです。
ストレスに起因する腸の疾病の典型といえる過敏性腸症候群は、腸に原因と言える病気がないのにもかかわらず腹痛とともに便秘や下痢が続くことが特徴です。
うつ病が精神面に全然つながりがないということではないです。「病は気から」という言い習わしのように、精神面にも重大なトラブルがある人が少なくありません。

ヘルペスウィルスや細菌に感染したことによる蝸牛神経での障害が入り口となって耳鳴りなどが生じているような場合が想起されるがこういうケースも自律神経失調症だと言われています。
更年期障害について、従来は閉経を迎える年代の女の人のホルモンの分泌が急速に縮減するために起こる肉体面・精神面でのトラブルのことを指していました。
過敏性腸症候群(IBS)とは大腸の検査や血液検査では明らかな異常がないながら、腹部不快感や腹痛を伴う便秘あるいは下痢がいつまでも続く疾患です。
20歳〜30歳代という年齢で並外れた減量や甚だしいストレスなどから、更年期障害のような症状を発症するような場合、若年性更年期障害と呼びます。
うつになるとまったく気力が出なくなったり、集中することができなくなったり、興味や好奇心を持つことが減り、暗鬱とした気分を振り払えないことになります。

自律神経失調の影響により出る更年期障害の症状としては、ほてり、めまい、のぼせ、血圧の上昇といった身体に出るものと、不安感、うつ、なかなか寝付けないといった精神に現れるものとがあります。
人間には心があるので、薬の服用で脳髄の調子が改善されたからといって、思考の癖などを変えないことには再び同じようにパニック障害になり得るのも事実なのです。
いろいろな症状が次から次へあらわれるような状態になったら、更年期障害が悪化していると考えた方が良いでしょう。そういう時はあまり我慢せずにドクターに診てもらうことをおすすめします。
過敏性腸炎の症状は、腸管における消化機能異常から起こる便の異常と腹痛などの腹部症状が主で、さらに自律神経失調症から起こる気分の落ち込みや心理的症状も伴うことが多く見られます。


posted by よしお at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

自分に合ったストレス発散法

自律神経失調症と思われがちなうつ病は、不安や焦り、絶望感などの影響で行動や考え方が影響される心の病で、憂鬱な気持ちが継続することが目立つ特徴です。
ストレスから現れる耳鳴りの症状については、精神的な状態やホルモンの分泌量が、乱れたような時に起こりやすいゆえに、『自分に合ったストレス発散法』を決めておくことをおすすめします。

うつ病などの場合も同様なのですが、パニック障害も、脳内物質であるセロトニンおよびノルアドレナリンの間の分泌量のバランスが乱れる状態が原因とされています。
細菌やヘルペスウィルスの影響による蝸牛神経のトラブルが引き金になって耳鳴りなどが起こっていることが想定されるけれども、こういうことも自律神経失調症だと言われています。
ストレスが原因の耳鳴りの症状については、精神的な状態やホルモンの分泌量が、保てなくなった時に起こることが多いです。それゆえ『自分のストレス発散法』を作っておくことをおすすめします。
大脳辺縁系および自立神経系は耳鳴りの治療をするときにきわめて重視される部位になります。この2カ所が耳鳴りの治療の妨げとなるからなのです。

不眠症の大多数はストレスから起こります。心理的ストレスの他に、新しい環境への移動、明くる日の仕事、非常に腹を立てているなどといった状態もまたストレスを生みます。
自律神経失調症で数々の身体的症状が現れるという点ではうつ病に近いですが、うつ病に見られるやる気のなさなどの抑うつ症状についてはあまり強くはないものです。
仮面うつ病とは頭痛や立ちくらみ、しびれ、肩こりなどの身体症状が目立ち、抑うつの状態が隠れています。結果として症状により自律神経のトラブルと間違われる事が多いです。
情報の制御を行う脳幹・大脳間のプロセスに対し、いきすぎた負荷が与えられたり、何かの不都合が出た場合に耳鳴りが生じることもある。
自律神経失調症の患者さんで見られる耳鳴り・めまいは、主として三半規管の営みが乱れることからきます。三半規管は肉体の平衡感覚を保つ役目があります。

自律神経失調症により不眠症状が出るケースが見られます。自律神経というのは、われわれが日頃は認識してなくても活動する神経で、内臓の大部分を動かしているものです。
パニック障害というのは、突如胸の苦しさや立ちくらみ、激しい動悸、呼吸困難、吐き気等の症状と共に激しい焦燥感や恐怖感を伴う「パニック発作」という現象を繰り返すという病気です。

たいていの場合更年期障害というものは、「身体に出る症状」と「心理面での症状」が現れるものです。又、いくつかの症状がいちどきに出る為に、不快な気持ちになる事が多々あるのも特徴と言えます。
毎日の生活習慣を変化させたり、体を動かしたりすることで、身体のほうから解決していく方法と同じく、心理面でのアプローチも、過敏性腸症候群の防止・診療には必須だ。
ラベル:ストレス
posted by よしお at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

パニック障害と自律神経

脳の血液循環が足りなくなるため発症すると言われるパニック障害という病気に悩んでいる人は、自律神経失調症の徴候も併存して見られる場合も往々にしてあります。
近頃ではストレスによって起こる過敏性腸症候群に悩む人が増えてきています。大事な会議や試験の前といった、プレッシャーを感じるシチュエーションで便秘や下痢になることが多い人は注意が必要です。
人間関係、極度の緊張などにより脳に過度のストレスが加えられれば、神経伝達物質であるセロトニンの分泌が増えて、自律神経系の働きが崩され過敏性腸炎の原因になります。

遺憾なことですが現代では専門の医療機関でも過敏性腸症候群の症状それぞれだけに着目し、これらを薬などで治そうとする方向性の治療が中心であるように思われます。
交感神経系が優位になって副交感神経系のはたらきが弱くなったことでウイルスや細菌に抵抗できず耳鳴などが起こっているようなケースも存在する。
更年期障害に関する診断・治療をしてもらうには婦人科で診てもらうことが大切になります。体内・体外のバランスを調整する事が自律神経失調症、さらに更年期障害のトラブルを落ち着かせる一手となります。
自律神経失調症においてさまざまな体の症状が出現するという点はうつ病と同じですが、うつ病によく見られる気分的な落ち込みなどという抑うつ症状はそんなに激しくはないものです。
パニック症候群に類似した症状が出てくる「自律神経失調症」においては、頻脈になったり、ふつうの食事をしていても胃腸を壊す等のトラブルがあらわれます。
眠りの内容を高めるためにストレス対処、体調維持にはよくよくお気を付け下さい。日々の心掛けが不眠症を引き起こさないためには特に大切になります。
うつ状態になってしまうとすべてのことにやる気が起きなかったり、集中することができなくなったり、好奇心や関心を持つことが減り、暗鬱とした気分を拭えないことになってきます。

うつ病や自律神経失調症の患者さんの多くの場合で、体の症状が出てきてからそれを放置すると精神的な症状が現れるのです。それからいよいよ本格的に自律神経失調症だったりうつ病を発症します。
消化器内科に通院する患者さんの約半数が、過敏性腸症候群であるという。レントゲン撮影や内視鏡、検便では、異常が特に現れないにもかかわらず、症状だけが持続する。
ストレスによる腸における病気に典型的な過敏性腸症候群は、腸には原因と言える病気が見られなくても腹痛のある下痢、便秘が続くというのが特徴です。

過敏性腸症候群では、腸の活動が異常に活性化し精神へのストレスや自律神経の乱れ、食べたものの刺激によって腸の拡張と収縮がきちんと働かなくなるという症状が出てきます。
不眠というのは、頭痛とともに、自律神経失調症を代表するトラブルです。厚生労働省の統計の結果では、日本人の10パーセントが不眠症の症状が現れていると公表されています。
posted by よしお at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。